DI Onlineのロゴ画像

 ファイザー(東京都渋谷区)は2021年7月28日、禁煙補助薬のチャンピックス錠1mg(一般名バレニクリン酒石酸塩)について、一部ロットの自主回収(クラスII)を開始したと発表した。同社で実施している同製品のN-ニトロソ-バレニクリンの定量試験で、国内に出荷した製造番号品に社内基準値を超えるN-ニトロソ-バレニクリンを検出したため。

 N-ニトロソ-バレニクリンは、ニトロソアミン類に分類される化合物。ニトロソアミンは、人が長期間にわたって許容範囲を超えて摂取した場合、発癌性のリスクを高める可能性があるとされる。

 回収の対象製品は1mg錠の製造番号EP9481。製造番号が不明な場合も回収の対象とする。なお、2週間分の薬剤が入っている「スタート用パック」に含まれる1mg錠は回収の対象外。

 もし患者が対象製品を一定期間服用していた場合も、N-ニトロソ-バレニクリンによる重篤な健康被害の恐れはないとの考えを同社は示しており、自己判断で服薬を中止せず、医師・薬剤師に相談するよう求めている。

 問い合わせは下記の専用ダイヤルで受け付ける。

ファイザー株式会社 チャンピックス回収窓口
電話番号:0120-359-400
受付時間:平日9時~17時30分

この記事を読んでいる人におすすめ