DI Onlineのロゴ画像

調剤報酬改定2022
日薬、服薬指導やフォローへの評価充実を主張へ
認知症や小児の患者などを想定

 日本薬剤師会は2021年7月6日、第2回都道府県会長協議会を開催し、2022年度調剤報酬改定の考え方(案)を示した。6つの基本方針とそれを踏まえた改定の視点を10項目挙げ、今後本格化していく中央社会保険医療協議会(中医協)などでの議論に臨んでいく考えを明らかにした。

この記事を読んでいる人におすすめ