DI Onlineのロゴ画像

飛沫防止効果などマスク性能の目安を
マスクのJIS規格を制定

 厚生労働省と経済産業省は6月16日、マスクに公的規格である日本産業規格(JIS)を制定したことを発表した。

 新型コロナウイルス感染症の流行が続く現在、マスクは医療従事者、一般消費者全ての人々にとって必需品であるが、これまで我が国には、品質・性能に関する公的な規格・基準は存在していなかった。今回、マスクの性能とその試験方法の標準化を目的に「一般用マスク」「医療用マスク」「感染対策医療用マスク」――のJISを制定し、国内で流通するマスクの品質向上と、消費者の適切なマスク選択のための環境整備を図る。

 JIS原案は日本衛生材料工業連合会が作成した。制定されたJISは用途に応じて、(1)「一般用マスク」「医療用マスク」を対象としたJIS T 9001、(2)「感染対策医療用マスク」を対象としたJIS T 9002――の2つに区分された(表1)。規定された方法により試験を行い、マスクの性能要件を満たせば、材質や形状は限定されない。

この記事を読んでいる人におすすめ