DI Onlineのロゴ画像

第8回「薬剤師の養成及び資質向上等に関する検討会」開催
薬剤師の需給、将来的に供給過多は決定的
厚労省が2045年までの需給推計案を公表、最大で12万6000人が過剰に

写真 「第8回薬剤師の養成及び資質向上等に関する検討会」の様子

 厚生労働省は2021年4月26日、「第8回薬剤師の養成及び資質向上等に関する検討会」を開催し(写真)、2045年までの薬剤師の需給推計案を公表した。在宅医療や対人業務、病棟薬剤業務などの充実によって需要が増えると仮定したとしても、供給数が上回ることが予想され、45年には最大で12万6000人、少なく見積もっても2万4000人が過剰になるとの見通しが示された。

この記事を読んでいる人におすすめ