DI Onlineのロゴ画像

日医工、164品目の供給遅延の可能性を発表 

 日医工(富山市)は2021年4月22日、富山第一工場における製造および出荷について、164品目の供給遅延が生じる可能性があると発表した。供給遅延の理由は、製品の在庫消尽に製造および出荷が間に合わないため。

 同社は21年4月6日に業務停止命令における停止期間を満了し、業務を再開していたが、製品の製造および出荷については、富山県、医薬品医療機器総合機構(PMDA)と協議を行い慎重に品質評価をした上で再開するとしている。164品目における出荷再開時期は、同社のウェブサイトで随時更新するとしており、最も遅い製品でも6月中に調整を行い、製造・出荷を再開する考えだ。

 同社は該当製品について代替製品を案内しているが、全ての製品において準備できていないため、同種同効品への切り替えの検討を依頼している。

【関連資料】
・日医工:供給状況に関するお知らせ

この記事を読んでいる人におすすめ