DI Onlineのロゴ画像

日経クロスヘルスEXPO2020より
オンライン服薬指導は電子お薬手帳と共に運用
メディカルグリーンの大澤光司氏、オンライン服薬指導の実際について講演

講演を行った、メディカルグリーンの大澤光司氏。

 2020年10月14日、日経クロスヘルス EXPO2020(主催:日経BP)が開幕した。医療・介護の担い手と周辺産業の関係者が一堂に会する専門イベントで、会期は10月16日までの3日間、オンラインで開催する。

 14日には、パネルディスカッション「オンライン診療・オンライン服薬指導が目指す未来」が行われ、メディカルグリーン(栃木県栃木市)代表取締役社長の大澤光司氏がパネリストとして登壇。同社で実施しているオンライン服薬指導の実際について発表した。

 オンライン服薬指導を巡っては、医薬品医療機器等法(薬機法)の改正により、20年9月から一定の要件を満たす場合に認められるようになった。だがその一方で、新型コロナウイルス感染拡大を受けての時限的特例措置として、20年4月10日からオンライン服薬指導が認められており(0410対応)、「両方の制度が並行して進んでいる」(大澤氏)のが実態だ。

この記事を読んでいる人におすすめ