DI Onlineのロゴ画像

第53回日本薬剤師会学術大会より
コロナ禍の体調悪化、7割がOTC薬で対応
健保連調査、結果の正式発表は10月下旬から11月を予定

 健康保険組合連合会(健保連)理事の幸野庄司氏は2020年10月11日、札幌市で開催された第53回日本薬剤師会学術大会の講演の中で、健保連が20年8月に実施した新型コロナウイルス感染拡大期における受診意識調査の結果について概要を公表した。

この記事を読んでいる人におすすめ