DI Onlineのロゴ画像

内閣府の男女共同参画基本計画の策定に向けた議論で浮上
処方箋なしでの緊急避妊薬の利用を検討へ

 2020年10月8日、内閣府の第7回第5次基本計画策定専門調査会が開催され、「第5次男女共同参画基本計画の策定に当たっての基本的な考え方(案)」がまとまった。同案では、緊急避妊薬について、「避妊をしなかった、または避妊手段が適切かつ十分でなかった結果、予期せぬ妊娠の可能性が生じた女性の求めに応じて、緊急避妊薬に関する専門の研修を受けた薬剤師が十分な説明の上で対面で服用させることを条件に、処方箋なしに緊急避妊薬を利用できるよう検討する」と盛り込んだ。

この記事を読んでいる人におすすめ