DI Onlineのロゴ画像

初のハイブリッド開催で通信トラブルも
第53回日薬大会、札幌とウェブ上で開幕

 2020年10月10日、第53回日本薬剤師会学術大会が札幌市で開幕した。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染防止の観点から、大会史上初の現地とウェブでのハイブリッド開催となった。北海道での開催は22年ぶり、3回目。

 開会式で日本薬剤師会会長の山本信夫氏は、全国の薬剤師とFace to Faceで会えなかったことを無念としつつ、「COVID-19との共存を踏まえた『Withコロナ』と呼ばれる新しい生活様式を模索する中で、薬剤師の役割はますます重要性を増すことになる」と話した。

 今大会のテーマは「その先へ。~あなたに寄り添う心と共に(イランカラプテ)~」。イランカラプテとはアイヌ民族の言葉で、「こんにちは」という挨拶と共に「あなたの心にそっと触れる」という意味が含まれる。

 山本氏はテーマについて、「薬剤師の原点を追求する思いを心の内に秘めながら、未来へ向けて『次の一歩を踏み出そう』という心意気を感じる」と評価。「本大会が新たな薬剤師業務の再出発のきっかけとなり、『その先』に向けて確かな一歩を踏み出すことを願う」と締めくくった。

この記事を読んでいる人におすすめ