DI Onlineのロゴ画像

日薬が新型コロナによる薬局経営への影響調査結果を公表
7月の処方箋受付回数は前年同月比13.6%減

 日本薬剤師会は2020年9月8日、新型コロナウイルスの感染拡大による薬局経営への影響調査の結果を公表した。20年2月から5月にかけて減少していた薬局の処方箋受付回数や調剤報酬が、6月はやや回復したものの、7月は再び減少傾向に転じていることが分かった。

 調査では、処方箋受付回数、技術料(調剤技術料、薬学管理料)、薬剤料・特定保険医療材料料について尋ねた。調査対象は、全国の会員薬局約200施設。調査対象期間は20年2月から7月で、173薬局から回答を得た。

 処方箋受付回数については、20年2月は前年同月比で0.6%減だったが、3月は11.8%減、4月は21.0%減、5月は23.7%減と、マイナス傾向が強くなっていた。緊急事態宣言解除後の6月は、前年同月比で12.9%減とやや回復したものの、7月は13.6%減となった。

この記事を読んでいる人におすすめ