DI Onlineのロゴ画像

後発品使用割合の全国平均は74.9%
厚労省が保険者別の使用割合を公表、伸びは鈍化

 厚生労働省は2020年6月16日、保険者別の後発医薬品の使用割合(2019年9月診療分)を公表した。19年4月から公表が開始され、今回が3回目となる。

 NDB(レセプト情報・特定健診等情報データベース)のレセプトデータから算出した使用割合(数量シェア)の全国平均は74.9%で、前回公表した19年3月分の74.6%から0.3ポイント増加した。前回公表時の伸び(2.1ポイント増)に比べると、やや鈍化したことがうかがえる。

この記事を読んでいる人におすすめ