DI Onlineのロゴ画像

新型コロナウイルス感染症流行の影響
代替薬のないロクロニウムが出荷調整に

 ロクロニウム臭化物(商品名エスラックス他)が出荷調整に陥っている。同薬を販売している4社(先発医薬品メーカー1社、後発医薬品メーカー3社)のうち、出荷調整を行うことを表明しているのはMSD、丸石製薬、富士製薬工業の3社。

 新型コロナウイルス感染症の流行により原薬確保に支障が生じ、安定供給を確保するために出荷調整を行うことを2020年5月28日に丸石製薬、富士製薬工業が公表した。この事態を受け、先発品のエスラックスを販売するMSDは供給体制に問題はないが、需要増加により品薄や欠品が生じないよう出荷調整を行うことを表明した。

 また、同効の非脱分極性麻酔用筋弛緩薬であるベクロニウム臭化物については、発売元の丸石製薬が19年12月、販売中止を公表しており、代替に耐え得るだけの在庫はなく、新たに製造するための原薬も確保できない状況だ。

この記事を読んでいる人におすすめ