DI Onlineのロゴ画像

地域薬学ケア専門薬剤師、9月にも申請受付開始 
暫定認定希望者と研修施設が対象、認定開始は21年1月 

 ⽇本医療薬学会は2020年5⽉25⽇、薬局薬剤師を対象に20年1⽉に新たに創設した「地域薬学ケア専⾨薬剤師」制度における申請⼿順や研修内容などを、学会ウェブサイトに公表した。9~10月に申請受け付けを開始し、21年1月から認定を開始するスケジュールとなっている。

 「地域薬学ケア専⾨薬剤師」制度は、ジェネラルな資格である「地域薬学ケア専⾨薬剤師」と、癌を副領域とする「地域薬学ケア専⾨薬剤師(がん)」の2資格があり、いずれも5年ごとの更新を求めている(関連記事:「地域薬学ケア専門薬剤師」制度創設へ)。資格取得には、学会が定める5年以上の研修の受講や症例報告が必要。だが、「地域薬学ケア専⾨薬剤師(がん)」の輩出を21年8月の「専門医療機関連携薬局」の開始に間に合わせるため、学会は過渡的措置として、症例報告や研修を不要とする「暫定条件」による認定を行った上で、研修を進める仕組みを構築した。

この記事を読んでいる人におすすめ