DI Onlineのロゴ画像

プラルエント皮下注の販売が差し止め
PCSK9抗体に関する特許侵害を認める判決を受け

 サノフィ(東京都新宿区)は2020年5月7日、同社の医療関係者向けサイトで、脂質異常症治療薬であるプラルエント皮下注75mgペンおよび同150mgペン(一般名アリロクマブ[遺伝子組換え])について、日本における販売が差し止められ、販売を継続できなくなったと発表した。

この記事を読んでいる人におすすめ