DI Onlineのロゴ画像

新型コロナ、9割の薬学生が「就活に影響あり」
21年3月卒業予定の薬学生対象の調査結果、相次ぐ就職イベントの自粛や延期で

 新型コロナウイルス感染症の流行拡大が、薬学生の就職活動に影響を及ぼしていることが、CBホールディングス(東京都港区)が行った調査結果から明らかになった。就職イベントの自粛や延期といった動きが広がる中、就職活動が思うようにできず、学生が不安を抱いている様子がうかがえた。

 調査は、2021年3月に6年制大学を卒業予定の薬学生を対象に、20年3月17~22日に行われた(有効回答数83人)。新型コロナウイルス感染症の流行拡大による就職活動への影響について尋ねたところ、90%が「影響があった」と回答。影響の具体的内容は、「参加するはずだったイベントが中止・延期になった」(79%)、「参加するはずだったイベントの参加を自粛した」(11%)だった。

この記事を読んでいる人におすすめ