DI Onlineのロゴ画像

調剤報酬改定2020《疑義解釈2》
かかりつけ患者に吸入薬指導加算は算定不可
かかりつけ薬剤師と同一薬局の他の薬剤師が吸入指導しても算定できないことを明示

 2020年3月31日に厚生労働省保険局医療課が公表した2020年度診療報酬改定の疑義解釈資料(その1)で、2020年度調剤報酬改定で新設された「吸入薬指導加算」(30点、3カ月に1回限り算定)の算定についての考え方が示された。

 同加算は、かかりつけ薬剤師指導料を算定する患者に対しては算定できない。これを受けて、同一月内にかかりつけ薬剤指導料を算定した患者に対し、当該薬局の他の薬剤師が吸入指導を実施した場合に吸入薬指導加算を算定できるかとの疑義が寄せられたが、厚労省はこれに対し「算定できない」と回答した。

この記事を読んでいる人におすすめ