DI Onlineのロゴ画像

第1回医療用医薬品の安定確保策に関する会議が開催
優先的に安定確保すべき医薬品の選定基準とは

 厚生労働省は2020年3月27日、第1回医療用医薬品の安定確保策に関する関係者会議を開催し、優先的に安定確保すべき医薬品の選定に必要な基準について議論した。
 
 2019年1月頃から、周術期や治療等で必要不可欠な抗菌薬であるセファゾリンナトリウムが供給困難に陥り、代替の抗菌薬も相次いで供給不足となり、多くの医療機関で混乱が生じた。抗菌薬以外にも、様々な要因により供給不安に陥る薬剤が相次ぎ、関係学会などから安定的な医薬品供給を求める強い要請が寄せられたことを受け、同会議が開催された。

この記事を読んでいる人におすすめ