DI Onlineのロゴ画像

約8割で前年同時期より薬局来局者減
6割が新型コロナ対応でファクス処方箋応需あり

 日本保険薬局協会(NPhA)は2020年3月16日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関するアンケート結果を公表し、回答した会員企業128社のうち約6割がファクスを介した処方箋を応需していることが明らかとなった。

 厚生労働省が20年2月28日、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を防止するため、慢性疾患などで定期的に受診している患者について、電話や情報通信機器を用いた診療、およびファクス等による処方箋の送付と調剤を認める通知を発出しており、(関連記事:新型コロナ対応のファクス処方箋調剤で通知発出)その後の対応を調査した。

この記事を読んでいる人におすすめ