DI Onlineのロゴ画像

改正覚醒剤取締法が4月1日施行
調剤済みの医薬品覚醒剤原料、薬局で回収も

 覚醒剤原料に指定されている医薬品を、薬局や病院に返却できるよう見直す内容を盛り込んだ改正覚醒剤取締法が、4月1日に施行される。これまでは、不要になった医薬品である覚醒剤原料(医薬品覚醒剤原料)の他者への譲渡や返却は認められていなかったが、薬局や病院に返却することができ、薬局や病院はそれを都道府県職員の立ち会いなく廃棄できるようになる。

 2019年12月に公布された医薬品医療機器等法(薬機法)の改正に伴って同法も一部改正され、施行のための政令が3月6日に閣議決定された。

この記事を読んでいる人におすすめ