DI Onlineのロゴ画像

 厚生労働省は2020年3月5日、2020年度調剤報酬改定の留意事項について、通知した。

 新設の吸入薬指導加算(30点、3カ月に1回まで)は、気管支喘息または慢性閉塞性肺疾患(COPD)の患者に対して、(1)文書および練習用吸入器などを用いて、吸入手技の指導を行い、患者が正しい手順で吸入薬が使用されているか否かなどの確認などを行う、(2)医療機関に対し、文書による吸入指導の結果等に関する情報提供を行う──の両方を行った場合に算定する。

 算定は3カ月に1回までだが、患者に対し他の吸入薬が処方された場合で、必要な吸入指導等を別に行ったときには、前回の算定から3カ月以内であっても算定できるとした。

この記事を読んでいる人におすすめ