DI Onlineのロゴ画像

臨床現場を反映した問題が多数出題
第105回薬剤師国試、104回よりもかなり難化

「第105回は前回と比較して全体的にかなり難化した」と話す薬ゼミの木暮喜久子氏。

 「第105回は臨床現場に沿った問題が多く出題され、第104回と比較して全体的にかなり難化した。自己採点結果から推測すると、新卒の合格率は下がるだろう」――。2020年2月22日、23日に行われた第105回薬剤師国家試験について、学校法人医学アカデミー薬学ゼミナール(薬ゼミ)学長の木暮喜久子氏はこう評価する。

 薬ゼミの自己採点システムを利用した受験者1万1521人(2月26日現在)の採点結果から試算すると、平均正答率60%の問題数は223題と、第104回(252問、前年同時期の速報値)より少ない見通しだ。

 第105回の総受験者数は約1万4000人、うち6年制新卒は約9100人(いずれも薬ゼミ調べ)で、第104回の総受験者数1万4376人、新卒9508人と比較すると若干少ない。自己採点結果を分析すると「合格点は相対基準ではあるが、65%以上得点した新卒生は75%程度、58%以上得点した新卒生は85%程度だろう」と木暮氏は試算する。また、必須問題の難易度が高いため、足切りにかかっている受験生も例年より多いようだ。

この記事を読んでいる人におすすめ