DI Onlineのロゴ画像

研修は医療安全や法規など5項目
NPhA、調剤アシスト研修の申し込み受付を開始

 日本保険薬局協会(NPhA)は2020年2月19日から、調剤アシスト研修の申し込みの受付を開始した。研修内容は、現時点において補助業務者に必要と思われる知識を盛り込んだeラーニング45分程度のコンテンツと確認テストとなっている。

 研修は、(1)研修実施等の背景や対象者などの総則、(2)調剤業務の流れや処方箋の読み方など調剤補助業務の知識、(3)医療安全管理や調剤過誤防止など安全に対する認識、(4)薬局でのマナーや患者プライバシーの配慮、衛生管理などの心構え、(5)法規や医薬品の分類、管理薬剤や薬局開設者の責務などの関係法規-――の5項目。修了者には、調剤アシスト研修修了書が発行されるが、国の動向を見ながら5年ごとの更新を検討している。

この記事を読んでいる人におすすめ