DI Onlineのロゴ画像

「アンサングシンデレラ」がついにドラマ化
フジテレビで2020年4月から、主演は石原さとみ

主人公の葵みどりを演じる石原さとみ(c)フジテレビ

 DIOnlineで公開中の漫画「アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり」(荒井ママレ著、医療原案:富野浩充)を原作とする連続ドラマが、2020年4月、フジテレビでスタートする(毎週木曜22時~22時54分)。主人公の葵みどりを演じるのは、石原さとみ。日本の連ドラ史上初となる、病院薬剤師を主人公にした医療ドラマとして、薬剤師関係者に限らず大きな注目を集めそうだ。

 連ドラのタイトルは、「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」。原作では葵みどりは臨床2年目の薬剤師だが、連ドラではキャリア8年目という設定だ。プロデュースを担う野田悠介氏(フジテレビ第一制作室)は、サブタイトルに込めた思いを含め視聴者へのメッセージとして、次のようにコメントしている。

この記事を読んでいる人におすすめ