DI Onlineのロゴ画像

調剤報酬改定2020
後発品加算、より高い使用割合の点数を新設か
一般名処方加算はさらに引き上げの方向

後発品加算、より高い使用割合の点数を新設かの画像

2020年1月10日、中央社会保険医療協議会(中医協)総会が開催され、2020年度調剤報酬改定に向けた「これまでの議論の整理(案)」(以下、整理案)が提示された。このうち、2020年9月に使用割合80%超という政府目標がある、後発医薬品については、以下の文言が提示され、委員からの異論は上がらなかった。

この記事を読んでいる人におすすめ