DI Onlineのロゴ画像

 2020年1月10日、中央社会保険医療協議会(中医協)総会が開催され、2020年度調剤報酬改定に向けた「これまでの議論の整理(案)」が提示された。

 同案は、これまでの中医協総会で診療側、支払い側で合意した項目を中心に、改定の基本方針に沿ってまとめたもの。だがよく見ると、あまり具体的に議論されなかったものの、明確に改定の方向性がうかがえる内容がある。

 その1つが、かかりつけ薬剤師指導料とかかりつけ薬剤師包括管理料の算定要件。以下のような文言が盛り込まれていた。

この記事を読んでいる人におすすめ