DI Onlineのロゴ画像

調剤改定率はプラス0.16%、日薬が見解
「本会の主張が理解されたものと受け止めている」

調剤改定率はプラス0.16%、日薬が見解の画像

 2019年12月17日、2020年度診療報酬改定の改定率が決定し、診療報酬本体は0.55%の引き上げとなった(関連記事:「診療報酬改定率が決定、本体は0.55%の引き上げ」)。このうち、消費税財源を活用した救急病院における勤務医の働き方改革への特例的な対応としての0.08%を除く改定分0.47%のうち、調剤は0.16%の引き上げとなった。医科は0.53%の引き上げで、「医科:調剤」が「1:0.3」という財源の配分比率は守られた。

この記事を読んでいる人におすすめ