DI Onlineのロゴ画像

アルフレッサとヤマトが在宅支援サービス開始

 アルフレッサ ホールディングス(HD)の子会社であるアルフレッサ(東京都千代田区)は、2019年9月26日、ヤマトHD傘下のヤマト運輸(東京都中央区)と共同で、薬局向けの在宅医療支援サービスを開始すると発表した。アルフレッサが今後、全国の薬局に対して順次案内していく。

 同サービスは、薬局や患者宅・介護施設などにおいて、薬剤師がタブレット端末などを使って、薬局の店頭で販売していない栄養食品などの商品を患者に紹介する。患者が購入を希望した場合には、薬剤師がタブレットを使ってその場で発注し、後日、商品が自宅や介護施設など患者が希望する場所に届く、という仕組みだ。
 
 患者は、自宅や介護施設にいながら、自分の体調をよく知っている薬剤師に相談して商品を買うことができる。一方、薬局は在庫を抱えることなく、患者に様々な商品を提供できるようになる。

この記事を読んでいる人におすすめ