DI Onlineのロゴ画像

 ツルハホールディングス(HD、札幌市東区)は、2019年9月26日、傘下のツルハ(札幌市東区)などグループ全事業会社の薬局を対象に実施した、処方箋なしでの医療用医薬品販売に関する調査の結果を発表した。

 同社は19年7月26日、朝日新聞の報道を受け、ツルハドラッグ小樽店(北海道小樽市)で、処方箋なしで医薬品を販売したことを確認し、小樽市保健所に報告したと公表(関連記事:ツルハで処方箋なく医薬品販売の報道)。その後、グループの薬局558店全てを対象に、当該行為を行っていなかったかを調査していた。

 その結果、新たにツルハグループドラッグ&ファーマシー西日本(広島市西区)で2店舗、杏林堂(浜松市中区)で1店舗において、過去に処方箋がなく医薬品販売を行っていた実態が明らかになった(表1)。

表1 処方箋なしで医薬品販売の調査結果(出典:ツルハホールディングス資料より抜粋)

この記事を読んでいる人におすすめ