厚生労働省が2019年9月17日、ラニチジン塩酸塩(商品名ザンタック他)の日本国内における製造販売業者に対して、新たな出荷を行わないように指示したことが明らかとなった。これは欧米で、ラニチジンの製剤および原薬から微量の発癌性物質であるN-ニトロソジメチルアミン(以下、NDMA)が検出されたことを受けた予防措置だ。

全てのラニチジン製剤の出荷が一時停止にの画像

ログインして全文を読む