2009年に夜間頻尿診療ガイドラインが作成されて10年が経過した。この間に新たなエビデンスが示されるとともに新規薬も登場。そのため現在、第2版の作成が進められている。2019年9月12〜14日に東京都で開催された第26回日本排尿機能学会で、ガイドライン作成委員らが注目点について発表した。また、新ガイドラインは2020年春に発刊予定だ。

男性の夜間多尿による夜間頻尿にデスモプレシンは安全かの画像

ログインして全文を読む