地域包括ケアシステムの中で、薬局薬剤師に地域の医薬品情報(DI)室のような役割を担ってほしい――。2019年9月7~8日に大阪府内で開かれた第10回日本アプライド・セラピューティクス学会学術大会のシンポジウム「地域医療における医薬品情報」において、地域の薬剤師が専門性を発揮し、医師に対して積極的に医薬品情報を提供していく必要性が議論された。

薬局薬剤師による医師への医薬品情報発信に期待の画像

ログインして全文を読む