DI Onlineのロゴ画像

安定供給できない多数の要因を学会で発表
日医工、セファゾリン安定供給に15億円の投資
ユナシンも品質の疑義により供給不足に

 日医工(富山県富山市)は2019年9月12日、セファゾリン注射製剤の安定供給確立のため、静岡工場に約15億円の設備投資を行うことを発表した。

 同社は更なる安定供給に向けて、既存の海外製剤委託先に加え、製剤工程の国内での一貫生産体制を確立するため、追加の設備投資を行うとしている。今回の設備投資により、無菌環境下での原薬調製設備を追加する。

 また、安定的な原薬確保のための原薬の出発物質の複数化、原薬製造ルートの複数化も進めているとしている。

この記事を読んでいる人におすすめ