厚生労働省は2019年9月4日、小児期の注意欠如・多動症(ADHD)治療薬のメチルフェニデート塩酸塩(商品名コンサータ)について、新たに患者情報の登録を義務付け、医師の登録要件を厳格化するなど、流通管理を大幅に変更する旨を通知した。

コンサータ処方前の患者情報の登録を義務化への画像

ログインして全文を読む