第10回日本アプライド・セラピューティクス学会学術大会が2019年9月7~8日に大阪府内で開かれた。大会長を務めたファルメディコ(大阪市北区)代表取締役社長の狭間研至氏が、今学会のテーマである「今こそ求められる『医薬協業』」と題した大会長講演を行い、医薬協業型薬物治療管理を実践していく重要性を説いた。

医師・薬剤師「協業型」の薬物治療管理の実践をの画像

ログインして全文を読む