厚生労働省医薬・生活衛生局はこのほど、8月末に同省が公表した2020年度予算概算要求のうち、薬剤師・薬局関係予算の概要を明らかにした。概算要求額は4億1943万円と、19年度予算額(3億7293万円)を上回るもので、「認定薬局等の整備促進」や「薬剤師の需給動向の把握」、「災害時の薬剤師の対応体制の整備」――などが新規事業として盛り込まれている。

地域連携薬局・専門医療機関連携薬局の整備促進に1億6800万円の画像

ログインして全文を読む