薬物治療中の患者に副作用症状の有無を確認したら、想定していた症状以外の訴えが聞かれた。「薬とは関係ない」と答えてしまっていいものか――。薬局薬剤師が抱えるこんな悩みを解消するツールを、明治薬科大学薬学教育研究センター生命情報科学教授の野口保氏らのグループが開発した。

薬局向け副作用検索システムを開発の画像

ログインして全文を読む