DI Onlineのロゴ画像

ペニシリン以外の抗菌薬投与も場合によって考慮を
感染症学会、気道感染症の抗菌薬適正使用を提言

 日本感染症学会は2019年8月28日、「気道感染症の抗菌薬適正使用に関する提言」を公表した。基礎疾患を有する場合や高齢者・誤嚥合併例などでは、ペニシリン以外の抗菌薬投与を考慮しなければならない症例が多数あることなどを受け、基礎疾患を有する場合や日常診療で遭遇する頻度の高い難治例などに対する抗菌薬適正使用についてまとめている。

 2017年に厚生労働省から公表された「抗微生物薬適正使用の手引き第一版」(以下、手引き)では、主な対象は基礎疾患のない成人および学童期以上の小児であり、第一選択薬としてのペニシリンが推奨されている。日本感染症学会からの提言は、この手引きの理念に基づいている。

この記事を読んでいる人におすすめ