健康保険組合連合会(健保連)は2019年8月23日、健保組合のレセプトデータを基にした「政策立案に資するレセプト分析に関する調査研究IV」を公表し、2020年度診療報酬改定に向けた5つの政策提言を発表した。このうち最も薬局にインパクトをもたらしそうなのが、調剤報酬の在り方に関する提言だ。

調剤基本料は一本化、薬歴管理料も見直しをの画像

ログインして全文を読む