日本病院薬剤師会は2019年7月25日、1厚生労働省が9年4月2日に発出した通知「調剤業務のあり方について」(0402通知)に対する答申書を公表した。調剤のあり方や、非薬剤師に必要な研修は、各医療機関の実情に合わせて、薬剤師の責任において個々に検討するものであり、具体的内容を日病薬が示すことは適切でないとした。

日病薬が0402通知に対する答申書を公表の画像

ログインして全文を読む