日本緩和医療薬学会はこのほど、病院薬剤師を対象に行った緩和ケア領域におけるポリファーマシーの実態調査の結果を公表した。緩和ケアを開始した癌患者の多くが多剤併用の状況にあり、不要な漫然投与などの不適切な処方を受けていることが分かった。また、薬剤師が介入することで約7割の患者で薬剤数が減少したことが明らかとなった。

緩和ケアでのポリファーマシー解消に貢献の画像

ログインして全文を読む