DI Onlineのロゴ画像

「薬剤師資格取得後に医療機関勤務の義務化を」
中医協で日医委員が主張

 「医療機関の薬剤師不足は深刻。薬局が訪問薬剤指導を行うことを前提とするならば、薬剤師には国家資格取得後の医療機関での勤務、研修を義務化するなど臨床医並みの薬剤師教育の進化が必要であると思う」

 2019年7月10日に開催された中央社会保険医療協議会(中医協)総会で、日本医師会常任理事の松本吉郎氏はこう訴えた。

 この日議論されたテーマは、「地域づくり・まちづくりにおける医療の在り方」について。論点の(1)地域の状況を踏まえた入院医療の在り方、(2)地域における情報共有・連携、(3)医療資源の少ない地域等における医療提供体制──のうち、(2)の医療機関と薬局の連携を巡っての発言だった。

 松本氏は、「大病院が地域へ患者を戻すことに一層取り組むことを前提としつつ、まず薬局の数と偏在の是正が必要と考えている。過度に営利化された調剤薬局チェーンが浸透してしまったので、非営利の医療機関との連携が難しくなっている」と指摘した上で、冒頭の発言をした。

この記事を読んでいる人におすすめ