厚生労働省は2019年6月18日、糖尿病治療薬のメトホルミン塩酸塩含有製剤について、添付文書の「使用上の注意」を改訂し、従来から禁忌としていた腎機能障害を「重度の腎機能障害(eGFR 30mL/min/1.73m2未満)」に改めることなどを指示する通知を出した。

 主な改訂内容は、上記のように投与禁忌とする条件の見直しや、用法・用量に関連する使用上の注意の新設など。

メトホルミンの禁忌を改訂の画像

ログインして全文を読む