日本保険薬局協会(NPhA)の調査の結果、2018年度調剤報酬改定で新設された地域支援体制加算を取得している薬局は、回答した8022薬局のうち29%に当たる2329薬局だったが、そのうち調剤基本料1以外で加算しているのは4薬局にとどまることが明らかになった。

NPhAが地域支援体制加算の要件緩和を要望の画像

ログインして全文を読む