バイオアベイラビリティ(生物学的利用能)の低さから、だいたいうんこ(DU)と揶揄される経口第3セフェム系抗菌薬。しかし、経口第3セフェム系の使用はすべて不適切使用なのだろうか。一方で、ガイドラインによっては経口第3世代セフェムが推奨され場合があるが、科学的エビデンスに基づいているのだろうか――。2019年5月9~11日に開催された第67回日本化学療法法学会で、薬剤師の立場から「経口第3セフェム系抗菌薬は有効である」についてPros&Consセッションが開催された。

経口第3世代セフェムは薬学的に「だいたいうんこ」かの画像

ログインして全文を読む