2019年4月24日に開催された中央社会保険医療協議会(中医協)総会の中で、厚生労働省が「かかりつけ薬剤師・薬局に求められる認知症の対応」と題した資料を提出(表1)。来局者の中から認知症の兆候のある人を拾い上げ、早期受診につなげるなど、薬局薬剤師が果たすべき役割を示した。

かかりつけ薬剤師・薬局に求められる認知症対応の画像

ログインして全文を読む