DI Onlineのロゴ画像

第30回医学会総会より
検査値表記を通した地域連携の成果と課題

「院外処方箋に検査値を表記することで、薬局薬剤師が行う副作用の確認項目や服薬指導の説明項目が増えた」と述べる石井伊都子氏。

 院外処方箋臨床検査値を表記することで、薬局薬剤師からの疑義照会は増えたが、検査値活用における課題も明らかになった――。2019年4月27日~29日に名古屋市で開催された第30回日本医学会総会で、千葉大学医学部付属病院薬剤部長の石井伊都子氏が、院外処方箋への臨床検査値表記から生まれる地域連携について発表した。

この記事を読んでいる人におすすめ