入院患者の情報を入院前に聴取することで、病棟薬剤師業務の効率化だけでなく、薬薬連携の推進につながった――。2019年4月27日~29日に名古屋市で開催された第30回日本医学会総会で、岐阜県総合医療センター薬剤センターの谷澤克弥氏が、外来薬剤センターにおける入院前患者の情報共有を起点とした薬局との連携について発表した。

外来薬剤業務を通じて薬薬連携をスムーズにの画像

ログインして全文を読む