厚生労働省は、2019年4月15日、(1)イコサペント酸エチル(商品名エパデールT)を、要指導医薬品から第1類医薬品に移行、(2)フルチカゾンプロピオン酸エステル(フルナーゼ)を要指導医薬品に指定、(3)ネチコナゾール(アトラント)を要指導医薬品から削除したことを官報告示した。

エパデールTを第1類に移行、厳しい販売要件の画像

ログインして全文を読む