2019年4月2日に厚生労働省から出された「調剤業務のあり方」の通知(関連記事:「厚労省、非薬剤師でも可能な調剤業務を明示」)。中外合同法律事務所(東京都千代田区)弁護士で、薬剤師免許を持つ赤羽根秀宜氏に、今回の厚労省の通知をどう受け止めたのかを聞いた。

「薬剤師の独占業務」とは何か考えるタイミングの画像

ログインして全文を読む