政府は2019年4月10日、経済財政諮問会議を開催。今夏の骨太方針2019の策定に向け、社会保障制度改革に関する第1回目の議論が行われ、民間議員が提出資料の中で、調剤報酬について、調剤料や、かかりつけ薬局などの制度の効果や意義を検証し、正当性が疑われる場合には、報酬を大胆に適正化すべきと提案した。

調剤報酬、正当性疑われれば「大胆に適正化」の画像

ログインして全文を読む